日本社会の国際化に貢献する

ブレイックス

 06-6684-9965
 受付時間:平日10:00~17:00
 

特定技能関連

4月1日に改正入管法が施行されました。
この改正法の特徴は、外国人の在留資格として、新しく14種類の業種を特定技能として追加し、日本で就労可能としたことです。 今まで、技能実習制度がありましたが、この制度は実質的に、日本で働きながらも、建前上は就労が認められた資格者ではなく、将来母国に日本の技術を移転するものとされていました。
今回の就労が認められる14業種は、実体的にはこの技能実習制度から漸次移行するものと思われます。
その14業種は以下の通りです。

特定技能一号

  1. 介護
  2. ビルクリーニング
  3. 素形材産業
  4. 産業機械製造業
  5. 電気・電子情報関連業
  6. 建設
  7. 造船・舶用工業
  8. 自動車整備
  9. 航空
  10. 宿泊
  11. 農業
  12. 漁業
  13. 飲食料品製造業
  14. 外食業

特定技能二号(現在の時点)

  1. 建設
  2. 造船舶用工業


特定技能在留資格が認められると、大まかですが、下記のようなメリットがあります。

特定技能1号の場合

在留資格の継続的な更新で最長5年間日本在留が可能となります。(技能実習生と異なり、1年ごとに帰国する必要はありません。) また、各業種の特定技能試験をパスすれば、ほかの業種に移行することも可能です。(この点は、特定の技能のみに固定された技能実習生制度と大きく違います。)

特定技能2号の場合

(現時点では、建築と造船・舶用工業分野のみ)
在留資格の延長が最長10年まで可能。 家族の帯同も可能。10年経過後は、永住権の申請が認められるので、 日本で家族とともに永住することも可能です。

「特定技能」の資格要件のポイントは以下のとおりです。

  1. 一定の日本語水準(日本語能力試験N4程度以上)
  2. 特定技能に対応した技術スキル
特定技能1号と特定技能2号との関係

特定技能1号から特定技能2号への移行が可能です。また、現在の技能実習生は、その滞在期間を考慮されて有利になる場合もあります。

技能実習生と特定技能者との関係

現在の技術実習生は、この新しい特定技能資格取得に挑戦し移行を検討すると思われます。
なぜなら、この特定技能在留資格者は、日本での就労が公に認められ、実力次第で収入のいい職種に転職も可能になるからです。また、この在留資格「特定技能」より上位にあると考えられる在留資格「技術・人文知識・国際業務」へ挑戦する人も出てくると思われます。

まずは、特定技能資格要件をしっかりとクリアする必要があります。
すなわち「日本語能力試験」と「各分野の技術スキル試験」の関門を突破する必要があります。
後者も、結局は日本語で行われるため、日本語能力の向上が必須となります。今のところ、日本語能力N4からN3が、求められている最低レベルと考えられています。
弊社は、意欲と目的を持って日本語能力の向上を図る外国人の方を支援するサービスを準備中です。また、順次実施されていく各業種の技術スキル試験の対策ドリルも提供する予定です。


提携アドバイザー

外国人や、外国人を雇用される事業者は、弊社がご協力いただいている各分野の信頼できる法的専門家の諸先生に相談できます。
ただし、その場合、次のステップを踏んでいただく必要があります。

ステップ 1

弊社あて、相談内容をご連絡下さい。
*メールの場合:次のフォームで弊社宛てにメール(日本語あるいは英語)でお知らせください。
 相談専用フォーム

*電話の場合:次の電話(日本語あるいは英語可)に、お掛け下さい。
TEL:090-9621-4630
(10:00~17:00)
※このステップは無料です。

ステップ 2

弊社がお客様の相談内容を具体的に確認して分類・整理します。
※このステップは無料です。

ステップ 3

相談内容に応じ、お客様のご承諾を得て、弊社が各領域の法的専門家にお繋ぎします。
*この場合、案件によって料金が発生する場合があります。
**料金が発生する場合は、弊社からお客様に、その概算額を事前にお知らせします。
***英語通訳あるいは翻訳が必要なときは、通訳者、翻訳者を弊社で用意します。ただし有料です。その概算額は事前にお知らせします。

労働関係

濱 経営労務事務所 濱輝芳 特定社会保険労務士

事務所:大阪府枚方市新町

入国・在留許可申請及び更新関係

山代行政書士事務所 :山代千英 特定行政書士

事務所:大阪府大阪市中央区高麗橋

会社設立・登記・財産管理関係

前原司法書士事務所 :前原孝志 司法書士

事務所:大阪市北区西天満

その他の法的トラブル関係

弊社が連繋する弁護士、紹介する各専門分野の弁護士


日本語通信教育

日本に滞在して生活する外国人の方のための日本語通信教育です。現在準備中です。

主対象(外国人)

  1. 日本語を習得してより生活上の不便を乗り超えたい方
  2. 現在日本語学校に通学しているが、より深く理解したい方
  3. 現在技能実習生の方
  4. 「特定技能1号」または「特定技能2号」に挑戦したい方
  5. 「技術・人文知識・国際業務」に挑戦したい方
  6. 日本の学校に通学しているが、日本語でハンディを感じる小中高校生

特長

  1. レベルに応じて、適宜英語を使用して説明します。
    (細かいニュアンスは、日本語がわからな生徒には日本語ではよく理解できないからです。)
  2. 個人の学習履歴と進捗度を、データ管理して効率よく教えるシステムとします
  3. 継続して学べるよう、図やイラストを多用し、直感的にわかりやすい補助教材を利用します
  4. 生徒の母国の言語を分析して、日本語との違いを講師が理解して教えるように努めます
  5. 生徒にとりもっとも学習困難な「漢字」の習得に留意したカリキュラムとします

講師(外国人に日本語を教えることに情熱のあるチームです。)

  1. 外国語大学出身の日本人講師が教えます
  2. 外国の日本語過程を出た外国人講師と協力して教えます

授業料:1クール:2万円(税別)

  1. 生活用語コース
  2. 個人の学習履歴と進捗度を、データ管理して効率よく教えるシステムとします
  3. 日本語能力初級コース(N5/N4)
  4. 日本語能力中級&上級コース(N3/N2)
  5. 日本語能力最上級N1チャレンジコース
  6. 以下は準備中:
  7. 特別目的コース(特定技能1・2号のうち特定の職種)
  8. アドバンスコース(日本語講師を目指コース)

講義の方法

  1. インターネットでの教材提供
  2. 疑問点は、電子メールで受付。
    (英語あるいは日本語での質問を受け付けます。質問回数はクール内であれば無制限。)
  3. その他の条件は、お気軽にお問い合せ下さい

ムスリム関連

日本政府観光局の統計によれば、イスラーム圏からの訪日ムスリム(イスラーム教徒)は着実に増えています。

現在の訪日客の主流は、中国、韓国、台湾、香港、タイです。

しかし、ムスリム圏のインドネシアとマレーシアからの訪日客も着実に増えています。街角で、スカーフをまとった女性を見かける頻度も多くなりました。
ムスリムは、他の訪日客と異なる点があります。それは、イスラームの戒律に極めて従順な人が多いということです。特に、教義上で規定された、飲食物と、お祈り、服装で顕著です。
一般に宗教にあまり頓着しない日本でムスリムが困るのは、次の3点が挙げられるでしょう。

飲食物:ハラールか否かわからない

「ブタ」と「アルコール」成分が含まれた飲食物は絶対に避けたいが、区別がつかない。 成分は、表記されていても、日本語がわからないから不安。 かりに、日本人店員から「大丈夫です。」と言われても、イスラームの知識がない人から言われても安心できない。

祈りの場所:見つからないか、あっても場所がわかりにくい

イスラームは、一日五回アラーに祈りをささげることを義務としています。 マッカ(メッカ)の方向に向かって、自分の属する宗派の儀礼にそって、祈りを行います。 自分が立ったり座ったりして祈るわずかの空間があればいいのです。 しかし、日本では、そのような空間は、普通見つけることができません。 これは、ムスリムにとってかなり不都合なことです。

お土産品:ブタやアルコール成分が使われているかどうか確かめようがない

飲食物は、ハラール品しかお土産として買えません。しかし、極めて少ないようです。 一方で、おもちゃなども、塗料や原材料にブタ成分が使われている可能性もあるので不安のようです。

以上のようなムスリムが不便に感じる点を解消するため、今後確実に増加の見込まれる訪日あるいは滞日のムスリムに対応する具体策を提案するサービスを提供します。

宗教に関わることですから、ムスリムに敬意を払い、ムスリム圏ではない今の日本の環境下で実際的な提案をさせて頂きます。 神戸や大阪にあるモスクの指導者(イマーム)の考え方や、実際に生活している外国人や日本人のムスリムの意見をもとに、ご相談者の立場を勘案した、実際的で具体的な対応策を提案します。

ムスリムである外国人社員とイスラーム文化に知見の日本人社員がともに協力して対応します。

以下の点をフォームに記入して、メールでお送りください

  1. 氏名:
  2. 社名:(店舗名/職種)
  3. 住所:
  4. 連絡先:(電話/FAX/Mail)
  5. 相談内容:

お勧めハラールレストラン

 タンドール神戸神戸市中央区中山手通1-5-8 東門稲葉ビル4F TEL:078-321-0027
  ホームページ

 アリズハラールキッチン神戸市中央区中山手通1-20-14 大塚ビル 1F TEL:078-891-3322
  ホームページ

 大阪ハラールレストラン大阪市西淀川区大和田4-13-2 TEL:06-6475-9786
  ホームページ


IVS(International Visitors' Station)

外国人訪日旅行客と外国人滞在者のための情報を提供します。

IVS 難波事務所に関しまして

新型コロナ肺炎の影響を考慮して、難波事務所プレオープンの期日を延期致します。
新しいプレオープンの期日につきましては、追ってこのホームページでお知らせ致します。
恐れ入りますが、ご理解ご了承の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

ivs_難波事務所
ivs_難波事務所
外国人旅行者向け

外国人向けお得情報:大阪周遊きっぷ

お勧めレストラン

ムスリムが安心して利用できるハラールレストラン

外国人居住者のためのお役立ち情報

日本語を学ぶ:日本語とは?

日本語検定のあれこれ:N5~N1

効率的に学ぶには?

日本の学校制度

 

ページのトップへ戻る